カードローンの審査に通る人・通らない人の違いは?

カードローンは、お金のピンチを助けてくれるとっても便利なものです。
しかし、ほとんどの人が申し込めるものではあるものの、全員が審査に通ることができるというわけではありません。
中にはどの金融機関に申し込んでも通らないという人もいます。
でも生活を大きく左右するお金に困っているのですから、カードローンを利用できないとさらに困ってしまいますよね?
「いざというときに借りられない!」とならないために、今のうちに通る人・通らない人の違いを知っておきましょう。


カードローンの審査に通る人はきちんと働いている人

まず通るポイントとして重要なのが、返済能力があることです。
その能力は、主に勤務状況によって測られます。
具体的には、年収はいくらくらいか、勤続年数は何年くらいか、どんな職業についているのかなどです。
この点で「お金を貸しても問題がない」「この借り入れ金額だったら返してもらえる」と認められれば、審査突破にはかなり近づきます。
カードローンで借りたお金はきちんと完済しきることが大事ですので、そのためには安定した収入があることが何よりも大事なのです。
しかし、専業主婦の方は夫の収入をもとにして借り入れを行うので、自身が働いていなくても大丈夫ですよ。
ただ消費者金融だと借り入れが難しくなってくるので、お金を借りたいときは銀行かレディースキャッシングに頼りましょう。


今・過去のカードローンで失敗していないか?

勤務状況に加えて大事なのは、カードローンの返済で過去に事故を起こしたことがないことと、今現在キャッシング件数を抱えすぎていないことです。
事故というのは債務整理のことで、つまりは返せなくて借金を帳消し・減額した過去がないかが重要になってきます。
もし整理を行っていたとすると、任意整理や民事再生の場合は5~7年、自己破産の場合は7~10年の間借り入れができないと言われています。
ここに当てはまる人はまずカードローンの審査に通ることは不可能ですので、時期を待って申し込んでみてください。
次にキャッシング件数についてですが、これは4件を超えると通過できなくなるといわれています。
というのも、件数が多いと「この人は信用がないから1件あたりの借り入れ金額が少ないんだな」「だから複数の会社から借り入れを行わなければならないんだな」と思われてしまうのです。
こんな風にならないためにも、申し込む前にここをしっかりとチェックしておきましょう。


借り入れ金額をしっかりと考えておくと通過できる

また審査に落ちてしまう人の中には、自分の年収に見合っていない金額を借りようとしていた人も多いです。
収入を持っていて十分な返済能力があるにもかかわらず落ちてしまうという人は、ここに原因があるかもしれないのでもう一度見直してみてください。
大きな金額を貸すというのはキャッシング会社側にとってかなりリスキーなことですから、本当に能力が高い人でないと難しいのです。
カードローンに申し込む前に、以上のポイントをしっかりと押さえておきましょう。

【PR】
消費者金融の審査や金利について(http://www.carlosmartiel.com/)